自己満足

今日は、朝、家の塀の修理のことで大工さんと相談。
(ぼろ家だから、地震とは関係なく、冬を越して塀が傷んでたの)
費用の見積をもらって(うーん、けっこうかかる)
工期の話になって、
「半端仕事だから手の空いた時でいいです」
と言ったら、思ったより早くかかってもらえそう。
「他の家の工事で、材料がそろわず仕事ができないのがあるんです」って。
合板がないという。断熱材がないという。
東北にあった合板の工場が震災にあったことと、
断熱材はエコポイントのときに需要が増え製造が間に合わなかったから、って。
この二つがないことは、
震災の仮設住宅の建設にも影響しているとニュースで言ってた。
うちの塀は合板じゃないから、梅雨前には仕上げてもらえそう。

ーーーーー

昼食後、図書館へ本を返しにいって、
車で出たついでに、足を伸ばしてイオンに寄る。

ワンデイパスポートの割引ハガキが来ていたんだ。
それで10%offかと思ったら、店内でも10%offをやっていた。
あわせて、20%off! 予定より余計買える。
自分のブラを買い、それとは別に
スポーツブラとタンクトップをMLあわせて10枚ずつ買う。

ツイッターの、@saijotakeoさんのブログ(こちら)で知った
「陸前高田市消防団へのボランティアと支援物資急募!」
こちらのリストにあった物の中から選んだものだ。
窓口が消防団なので、工具などの要望もあるけど
ボランティアの方が訊き出したという物の中から、
わたしは女性を支援したくて。(^^ゞ
(これは僕が「これもあった方がいいんじゃないですか」という形でインタビューして聞き出したものです。向こうの人は慎み深いので聞かないと言わないのです。今どこでも確実に需要があっていくらあっても困らないものリストでもあります)。

陸前高田は、津波に根こそぎやられて、
まったく、何もないというんだもの。
ブラなんてなくても死にはしないだろうけど
長期の避難生活を支えるにはQOLをあげるものも大切。

わたし、前に「小銭ではなくまとまった義捐金を」と書いたことがある。
でも、赤十字などの募金のお金は、
被災者の手に渡るのに時間がかかるという。
現地に行った方のツイッターやブログを見ると、
「いますぐ!」が大切だと思うようになった。

きっかけは、前にも書いたけどこちらだった。
必要なものがアップされて、見たひとが各自で送る。
現地に物が送られ、それ以上要らなくなると品名が消される。

まったくスピーディーであるのよ。
動きのトロい、わたしなど思っているうちに、消されている。
そうこうしているうち、ふんばろう東日本支援プロジェクトが立ち上げられた。
こちらを見ると、実に色々なものが必要とされている。
小口でもいいという。直接届けるのが意味がある、って。
多すぎても、他へ回してもらえるというし、ね。

だから、わたしも微力ながら・・・
ほんの10枚ずつなんてスズメの泪。
自己満足かも知れない。自分がどこで和むか、かな?
ほんとに、たいしたことはできないのだけど・・・
ちょっといいブラを買う後ろめたさを帳消しにしたくて。
[PR]
by hidaneko | 2011-04-09 21:47 | うきよ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hidaneko.exblog.jp/tb/15787655
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 気ぃみせ 「悲劇をわすれないでください」 >>