「悲劇をわすれないでください」

ウクライナ美女が"千と千尋~"主題歌を熱唱
Nataliya Gudziy sings "Spirited Away"

チェルノブイリ事故当時子供だったウクライナ人歌手
ナターシャさんの一言一言が胸に痛い。
ふるさとを失うということ。
福島原発でも多分そうなるだろうこと・・・。
「いつも何度でも」歌詞が、今の思いに重なる。


[PR]
by hidaneko | 2011-04-08 22:16 | うきよ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hidaneko.exblog.jp/tb/15782987
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ふいづ at 2011-04-09 20:19 x
福島原発の始末、何十年かかかるらしいですね。
何十年先で対応するのは私たちじゃなくて次の世代なのに…。
なんだか申し訳ない気持ちです。

(たしか)アメリカ先住民の
「土地は先祖からもらったものではなく、子孫から借りているもの」
という言葉を思い出しています。
Commented by hidaneko at 2011-04-09 21:28
>ふいづさん
>福島原発の始末、何十年かかかるらしいですね。

40年使った原発の後始末に何十年、ですか・・・
今日のNスぺで、スリーマイル島では原発そのものの後始末に、
10年かかり、費用も建設費より余計かかったと言ってました。
経済的に言っても、ペイしないのにねぇ。
今回は原発だけでなく、海や農地などのことを思うと莫大・・・。

アメリカ先住民のことば、ありがとうございます。
もっと我々は謙虚でいなくてはならないと思いました。


<< 自己満足 やっぱり原発が心配 >>