被災地蔵元がよびかけ

今回の大震災を受けて、各地で
花見や宴会を自粛する動きが相次いでいることについて、
岩手県の日本酒の蔵元が
「花見を自粛しないで被災地の酒を消費して下さい」
と呼びかけています。

わたしも、都知事の発言を聞いた時は行き過ぎだと思ったの。
上野公園など人混みで通れないくらいになったり、
どんちゃん騒ぎの揚げ句の喧嘩で警備に人手や予算がかかるとか
あとがゴミの山になるな〜んて、そいうのは困るけどね。
ほどほどに、よいお酒を飲みながら、
花をめでるってのは、あっていいとおもう。
ストイックに自主規制するより、
経済効果のためにも東北のお酒を飲みましょう(*^_^*)



じつは、被災地に絵本を送る活動についても
ツイッターで、仙台の本屋さんのつぶやきを聞いた。

>とある仙台市内の本屋さんがこんなことを言っていたとのこと。
>「絵本を無料で配布されたら、商売にならない。
>配るなら、うちで絵本を買って、配って欲しい」

阪神淡路の時も、炊き出しが飲食店の営業を妨害しているとの指摘があったとか。
民間による被災地へ直接物資を送る運動が興っている時
出来るだけの支援を、と思うけれど、
こういう側面もあると思うと、むずかしいものですね。
[PR]
by hidaneko | 2011-04-05 22:52 | うきよ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hidaneko.exblog.jp/tb/15767639
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< それぞれに・・・ 「武田邦彦(中部大学)」のサイトより >>