つながっているからね

ツイッターで紹介されていた、子どもたちの歌。
『祈り~ キベラから日本へ 』
ケニアのナイロビにある、世界で一番大きいと言われるキベラスラム。
キベラの子どもたちの歌声が、地球の裏側の日本に届く。
まっすぐな歌声、子どもたちの涙に、私の目からも水が・・・。

びっくりしたのは、この歌が歌われたのが14日だということ。
地震からすぐに、応援を、祈りを、
歌にして、送ってくれたんだ!



キベラを支援してきた早川千晶さんの講演を聞いたことがある。
「ひだまり・えんがわ」の日記にも書いていた。こちら

この歌を聴きながら、講演の時に見たスライドの、
人々のことを思い出していた。

ずっと現地で地道に交流してきた方々のおかげで、
私たちが、いま応援をもらっている。ありがとう。

再掲
UPEPO-アフリカの風ネットワーク
[PR]
by hidaneko | 2011-03-26 23:20 | うきよ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hidaneko.exblog.jp/tb/15717800
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 加藤登紀子の歌「今どこにいますか」 お口直しに・・・ >>