小さくても自分に出来ることをはじめよう

コメント欄でも書いたのだけれど・・・

祈るだけの時はもう過ぎた、とツイッターで言われてハッとしました。
自分にできることは小さなことでも実行しよう、と。

まず【節電】することにしました。
エアコンはもともと使っていないけれど、
ホットカーペットの設定温度を下げるとか、
(すっかり切ることはできません、寒くて)
炊事の時間をずらすとか、こまめに電気を消すとか。
給湯器も元電源を切って待機電力をなくすとか・・・。

若い人たちは「ヤシマ作戦」と名付けたようです。
エヴァンゲリオンに因るのだとモグが教えてくれました。こちら
沢山のポスターもつくられています。こちら

あと、支援物資を送りたくなるところですが、
中越地震のときのことなども考えると、お金が一番、ということです。
毛布やオムツなど不足していても、
個人から現物を送られても整理や配送に人手がとられる。
それよりは必要な物を買うお金(義援金)が助かるということです。
ただ、「震災に便乗した犯罪被害に注意しましょう」という呼びかけもされています。こちら(県のサイトから)
ちゃんとしたルートで募金出来たら、と思っています。

献血もこれから必要になってくると思います。
わたしは薬を飲んでいるし、献血できないけど。

遠くにいてもできることを、少しでもやれたらと思います。
[PR]
by hidaneko | 2011-03-13 15:37 | うきよ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hidaneko.exblog.jp/tb/15654242
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ゆ~み at 2011-03-13 21:06 x
節電、確かにそうですね。
東京電力を使っている地域の方だけではなく、
国民一人ひとりが、チョッと気をつければ・・・

被災されている方たちの、暗く暖房もままならない避難場所での生活を思えば、チョッとの気配りで、節電、できますね。
Commented by hidaneko at 2011-03-13 21:52
>ゆ〜みさん

政府からも国民に呼びかけがありましたね。
関西の友だちが「関西電力が東北電力へ電力の提供を始めました。少しの節電でも支援になります。ご協力を。」って書いてました。
中部電力からは東京電力へ提供が行われるとききました。
一人ひとりはちょっとずつでも、大勢あわされば、と思います。


<< 何が起こっているのか・・・ 「巨大地震が日本を襲った」 >>