反応

ボーズくんの合格に、たくさんのコメントをありがとうございました。
こんなにも温かく見守ってくださる方々に囲まれていたのを、あらためて感じて
とても嬉しくおもっています。

さて、実生活での反応は……
バーサンが依怙贔屓がつよく、出来の良い子を溺愛するのは
ひだねこも、子供のころからいやというほど体験してますから、
今回もくり返しくり返し、ボーズくんのことを褒め称えても、
まあ、そだろうなあ、と思うのだけれど、面白かったのが父親の反応。

うちは以前から「猫めくり」という日めくり暦を使っているんだけど
かわいい猫や個性的な猫の日は、めくったのを捨てないで取ってあるの。
クロコに似ているのとか、マイに似ているのとかも。

さて3月30日の朝のこと。
29日のを剥ぎ取ったら、30日の日付のところに
「!!!」って、大きなびっくりマークが3コ、赤で書いてあったの。
そうたいして可愛くない、ふつうの灰色縞模様の猫なんだけど。

「なんじゃこりゃ? ……ああそうか忘備録か」と思っていたら
夕方、その暦に新たに赤ペンでの書き込み。「ボーズ合格!!!」
さらに猫の口からマンガみたいな吹き出しをつけて、特大文字で「ヤッタネ!」だって……

そのくせ「直接ボーズくんに、おめでとうって電話かメールしたら」といっても無言。
30日の暦、どこへやったかと思ったら、ちゃんと壁にはってありました。
シャイというか、素直じゃないのね、男親って。
まっすぐ褒めてあげれば、心の交流もあるというものでしょうに。
これは内緒だけど、
もう一枚、居間の壁には古い「猫めくり」が貼ってあるのです。
慣れすぎて、もうだれも貼ってあるのを気にしていないけど。
いま見てきたら、日付は1995年2月7日でした。
わあ、10年前になるんだ〜(と、あらためてびっくり!)
ボーズくんが、何かにムカッパラを立てて、壁をこぶしで殴って
羽目板がへこんだ跡に貼ったのでした。

10年前って、中学生? 
なんか、ちょっと感慨です。誰でも通る反抗期。
我が家の場合、どの子も中学2年の夏〜3年の夏頃が、一番たいへんだった。
ボーズくんの場合は、親や姉など上からあれこれ言われ、末っ子だからその下は居なくて
猫に当たるわけにもいかず、バーサンに当たるわけにもいかず、壁にあたったのね。

あと、2階のわたしのタンスも(ケリを入れられて)へこんでますけど。
出世払いということで、記念にそのままにしてありますのよ。
[PR]
by hidaneko | 2005-04-01 11:04 | かぞく | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hidaneko.exblog.jp/tb/15388454
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 4月のお馬鹿 サクラサク >>