あの、理論社まで……?

児童図書の理論社、民事再生法の適用申請

理論社ホームページ
しっかりした編集姿勢で優れた本を数多く出版してきたというのに。
今の時代、やっぱりエンタメ系じゃないと売れないのかなあ。
すごくショック。すごく残念。


追記:
ツイッターでは、
「廃業や破産ではなく、民事再生法の適用を申請していますから、再度立ち上がることを期待しましょう」とか
「あくまで「民事再生法の適用を申請」。最近だとアスコムや草思社の例もあるし、慌てて返品したりしないで動向を見る。」という書店さんだとか
「それにしても理論社愛されてるなあ。児童書ということもあって、読書体験のルーツになってる人が多いんだろうな」とか
好意的な受け止め方が多くて、うんうん、と読んだ。



児童図書の理論社、民事再生法の適用申請 「チョコレート戦争」「兎の眼」など
「北極のムーシカミーシカ」「チョコレート戦争」「兎の眼」など児童文学の名作を出版してきた理論社が民事再生法の適用を申請。

2010年10月06日 20時52分 更新
 帝国データバンクによると、児童図書などで知られる中堅出版社の理論社が10月6日、東京地裁に民事再生法の適用を申し立てた。負債総額は約22億円。

 1947年創業。いぬいとみこ「北極のムーシカミーシカ』、大石真「チョコレート戦争」、灰谷健次郎「兎の眼」「太陽の子」などのほか、今年アニメ映画化された森絵都「カラフル」など、児童図書やヤングアダルト(YA)向け作品を中心に出版していた。

 出版物が学校の課題図書に選ばれることも多かったが、近年は少子化の影響などで市場が落ち込んでいた。2008年4月期は売上高約15億7600万円を計上したが、売り上げ規模に匹敵する借入金が重荷になっていたという。
[PR]
by hidaneko | 2010-10-06 21:32 | うきよ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hidaneko.exblog.jp/tb/14738950
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< シソの実 ナツメ・なつめ・棗 >>