ドジ猫マイちゃん


網戸をこじ開け、脱走したのはいいけれど
気がついたら隣家との間の塀にのぼり、下りようとしてた。

「だめだよ、帰っておいで」と呼ぶけど、
呼んで戻ってくるような子じゃないし。

塀を乗り越えて、隣家の庭に下りようと・・・
っても、わが家は坂の途中にあるから、
坂下の隣家とは1.5メートルくらい段差がある。
+塀の高さ=3メートル余?
御歳13歳すぎの初老のマイちゃんには高すぎたみたい。

ガリガリっと、ツメの擦れる音がして
板塀にツメを立てて下りたようだった。
そのうち帰ってきたけれど
ああ・・・・・

左目の下にかすり傷。
即、とっつかまえてお医者さんに。
眼球は傷ついてないそうだけど、
注射チックンして+塗り薬と飲み薬=¥4750也

だから、ドジ猫だっていうのよ。
無料(ただ)の拾い猫だけど、
これでまた付加価値が増しました(違ッ
f0016892_20145541.jpg

[PR]
by hidaneko | 2010-08-26 22:40 | かぞく | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hidaneko.exblog.jp/tb/14475161
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ふいづ at 2010-08-27 22:33 x
あららぁ、痛そう。
初老とはいえ、まだまだいけるって思ってるのかしらね。
(うちの猫もそんな感じだったけど^^;)

お大事に。
Commented by hidaneko at 2010-08-28 04:52
>ふいづさん

猫自身も飼い主も「まだまだ若い」と思っているのですが(笑)
獣医さんに言われて気がつけば、けっこう「いい年」なんですよね。


<< 夏休みもあとすこし 月のきれいな晩です >>