笑顔になれてよかったね

「モグさんの笑顔が見られてよかったって」
うれしそうに、モグが言う。
「昨日の忘年会こと、主催者のAさんがコミュに書いてたの。
わたし、笑っていたみたい」

モグ、20人ちかくの宴会ははじめてだったらしい。
「すわっていても、何人も挨拶に来てくれたの。
『だいじょうぶですか』とか
『最近、眠れてますか』っていって」
モグが書いている日記、眠れぬまま深夜の書き込みもあるというから
彼女の生活パターンを知っていての心遣い。
それがモグちゃんには嬉しかったらしい。

鬱や睡眠障害のひとも何人か来てて、話したという。
「そのひとりの人が言ってくれたの。
『あなたの力のぎりぎりまで働いちゃだめ、
明日も来る元気を残して仕事するように』って。
ぎりぎりまで働くと、ばてて翌日行けなくなる。
今日帰る力1割と、明日また行く力を1割残して
8割の力で仕事をするように』って」

相手にあわせて無理しちゃう、その人もそうなんだね。

「電話のことも話したの。電話が苦手だったけど、
パソコン修理の依頼をしたことも、はなしたらね、
『すごいね、自分を褒めていいよ』って」

彼女を理解してくれる人たちと出会え、
よい夜をすごしたようだ。
親でも担当医でもない第三者に
認めて、褒めて、励ましてもらってよかった。
モグも、もっと自分を認め、プラス評価できるようになるといい。
[PR]
by hidaneko | 2009-12-30 23:43 | かぞく | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hidaneko.exblog.jp/tb/12580444
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 華氏451度? 障子の穴 >>