たまんないや

また、ちょっとトラブル。
どうしてこう、問題が続くんだろう。


追記/22:44
大丈夫みたいです、彼女は。
わたし、今日はひとりで泣きすぎて目が腫れちゃった。
洗面所で顔あらったら、鏡の中に、ブスなわたしがいました。
あすの重要ではない会議は、下準備もできていないし、パスしましょう。





モグがクスリを多く飲んだ、みたい。
たぶん、レボトミン25ミリ×12

びっくりしてかかりつけのクリニックに電話したら
ああ、今日は休診日だった。
お薬検索では上限一日に200ミリとある。
やっぱり300は飲みすぎよね。

でも命にさわるほどなのか、訊きたくて
クスリのことなら調剤薬局に聞こうと電話したら
近所の内科医(モグもかかったことある)に電話して訊いてみるという。
本当にどれだけ飲んだのか、他のクスリも飲んだのか確かめるように言われる。

結果、救急車を呼んで、胃洗浄してもらったほうがいいのでは?と。
他の安定剤や睡眠導入薬は飲んでないみたいだけど・・・
救急搬送、そこまで要るか?という気もする。
モグは軽いいびきをかいて、深く寝ているだけのような気もする。
(前からクスリがききにくい、って言ってたし・・・?)

でも、念のためR君に電話した。
携帯がでないので、職場に電話したら、まだ仕事中で
「心配なんでしょう、だったら救急車呼んだら?
つめたくてごめん、でも仕事中だから」と言われた。

それでも、まだ、わたしにためらいがある。
(バーさんの異変ならすぐ救急車を呼ぶのにためらいはないのにね)

精神科医の救急システムがあるかと、市の総合電話受付に電話する。
そこで聞いた番号に電話しても、留守電の番号案内が別な番号を告げるだけ。
そこへ電話してもまた別な番号を言うだけ。
市には該当がなく県も当てにならなかった。
たらい回しの留守電で聞いた番号をネット検索したら
県の精神医療センターだった。
そこへ電話しても「医師は帰りました」と警備員が伝えるだけ。
夜間の当番医を探そうにもネットでもリンク切れ。

ただわたし、精神科医に相談してアドバイスが欲しかったんだけどね。

モグは呼びかければ答えます。
「救急車を呼ぶよ」というと「何で寝てるだけなのに・・・」とぶーぶー答え、
iPodを聞いていたイヤホンをはずすと、また自分でかけ直してた。
多分、大丈夫でしょう。
(Gさんは24時間勤務で留守。まあ居ても相談相手にはならないけど)

昨日の、別の皮膚科の診察結果だけでも、モグには重荷だろうに、
昼、お金の使いすぎのことで、わたしと一悶着あったからね。
(また、娯楽費に使いすぎ。クレジットが返せないという。
そのことで小言は言ったけど、解決してあげたんだけどね)

わたしが用足しにでかけた留守に、大量服薬したらしい。
彼女もたまらないだろうけど、こっちもたまんないや。

生きているだけで丸儲け、なんだよね・・・・・
[PR]
by hidaneko | 2009-07-23 18:51 | かぞく | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hidaneko.exblog.jp/tb/11585040
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2009-07-24 21:49
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hidaneko at 2009-07-25 02:11
> mizu_i_roさん

ありがとうございます。プロのアドバイス、すごく心強いです。
モグは、ふだん、寝る前として
ユーロジン、2ミリ
ロヒプノール、2ミリ
レボトミン、25ミリ
ソラナックス、0.4×2錠で処方されていています。

イライラ時の頓服として、レボトミン25ミリ×3錠、2週間分=42錠もらってきていたのを、今回12錠を一気飲み。

調べたら、他のクスリと混用してなかったので、無事でした。効きにくいタチなんですね、ひごろから。
今日、遅めの朝に起きてきて、予定があるからと、外出しちゃいました。止めても荒れてもっと多量に飲まれてもこまるし。
(ばかだよ、日帰りで武道館のコンサートだって・・・泣
 新幹線でなく高速バスだったみたい。まだ帰宅してないの)

>その時は大丈夫だったとしても、
>その後の数日間も要注意かなと思います。
>また同じ事があった時には、迷わず病院に行って下さいね。

わかりました。かかりつけ医がやっていたら担ぎ込んだけど、休診で。
次回は、救急車をよぶことにして、彼女にもそう伝えておきます。
オーバードーズしたら胃洗浄するよ、と。
(今回は、たまたまみつけたけど、隠れて飲まれると・・・)


<< そんなに無口だったかしら 足のりマイちゃん >>