他人の痛みは100年でも我慢できる・・・と言うけど

違法取水で社長ら処分へ JR東、水利権取り消
JR東日本が信濃川発電所(水力、新潟県小千谷市、十日町市)で許可された量よりも多く違法に水を取っていた問題で、国土交通省北陸地方整備局は13日、故意のプログラム改ざんがあり河川法違反に当たるとして、同発電所の水利権取り消しをJRに通知した。同社は「事態を重く受け止める」として、清野智社長らを処分する方針を明らかにした。国交省は、経済産業省などと協議し取り消し時期を決める。(共同)

首都圏のひとって、自分たちの快適な生活が地方の犠牲の上になりたっているということを、知らないんじゃないかな、って思う。

信濃川の上流でJRの発電所ダムの方へ水がよけい流れているせいで、
地元では漁業や水道水の取水に影響がでて、生活がおびやかされているのに。
東京からのテレビでは「電力不足でJRの山の手線が間引き運転になったら困る」としか言わないコメンテーターもいた。

中越沖地震で操業停止している原発にしても、東京電力ので、首都圏のJRを動かすのに使われているという。原発のもとで暮す不安には意識が向かないようだ。

今回の事で、ダムがだめなら、原発をふやせ、という輩が居る。
原発は安全、だなんて神話でしかない。
原発がクリーンなエネルギーだなんて、嘘。
確かに、火力発電と比べ発電時にCO2は出さないかもしれないけれど、
建設時や、ウランの採掘時には沢山のCO2を出している。
万が一、原発で事故のあったときには・・・・日本中が汚染されるというのに。

それにしても、冬の東京って暑い。
外は寒くても、一歩建物の中にはいると、半袖姿が見られる。
JRや地下鉄でも、座っているお尻の下が暑いくらいの暖房。
その電力を供給している当県は、雪国で平均気温は東京より低いけれど、
こんな無駄な暖房の使い方はしていませんよ。

湯水のように、という例えがあるけれど、
湯も、水も、都会では採れないの。
田舎の水を盗り、田舎を危険に陥れ、その犠牲の上になりたっているよですよ。

「補助金とかお金を落しているじゃないか」って説は却下。
それって、札びらで貧乏人の頬をたたくようなものでしょ。
[PR]
by hidaneko | 2009-02-14 01:49 | うきよ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hidaneko.exblog.jp/tb/10352238
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 町が綺麗ね 自信ってなに・・・? >>